女性のビジネスに必要な資格

女性とビジネス

いまや女性が働くのは当たり前。

かつては女性は一般職といって総合職である男性たちの補佐的な仕事や定型的な事務作業などを行なう立場に立つことが多く見られましたが、最近は女性も男性と同じような総合職につき、外回りの営業を行なったり、全国を飛び回って仕事をこなすケースも珍しいものではなくなりました。

とはいえ、実際に就職や転職で女性が企業に自分自身をアピールする場合には、男性以上に強いアピールポイントを持っていないと、まだまだ採用へと結びつくことは難しい…という現状もあるようです。

では、就職や転職で女性が企業にアピールすべきなのは、どのようなポイントなのでしょうか。

 

キャリアの証明

まず、現状として、27歳くらいまでのまだ若いうちならば、比較的多くの職種・業種で門戸が開かれていますが、それ以降歳を重ねるごとに、採用時に経験やスキルがモノをいうようになってきます。

28歳以降になると、就職も新卒というよりは転職、あるいは再就職といったケースがほとんどだと思いますが、その際には前職で培ってきた知識やスキルがあれば、かなり就職・転職に有利に働くことでしょう。

したがって、転職をする場合にも今までまったくチャレンジしたことがない業界に飛び込むよりは、これまで自分が身をおいていた業界で職を探すほうがスムーズに話が進むと思います。

ただし、どの業界でも必要不可欠な一般事務や経理といった職種であれば、全く異なる業界でもある程度は通用するかもしれません。
その際は、即戦力として働けることの証しとして、女性のビジネスに必要な資格、つまり簿記や情報処理、OA関連の資格などを取得しておくと説得力があるはずです。

ですから、これから新卒として就職を検討する人や、現在すでに職に就いて働いているという人などは、今後も長く続けていけるであろう職を選んだり、自身のビジネス力を高められそうな資格を積極的に取得するなど、しっかりとキャリアプランニングをしていくことがポイントとなります。